« ちょっと試しに2回目の呟き | トップページ | 『吾輩は使用人である』 »

2010年10月22日 (金)

『雨にも負けず 風にも負けず』

なんちゃって・・宮沢賢治・・的・・かなっ ? って思う今日この頃・・・・

**************************************************************

雨にも負けず ・風にも負けず・雪にも夏の暑さにも負けぬ

・・のは・・・気持ちだけ

慾は・・あまり無く

決して顔は怒らず、いつも静かに笑っている

一日に日本酒四合と肴と少しの野菜を食べ

あらゆることを自分の会社中心に考え・他人の話しはあまり聞かず

そして・嫌な事はすぐ忘れる・・・できないかも

大雪山の麓の小さな町並みのモルタル2階建て亜鉛ぶきの古い事務所にいて

東に購入予定の顧客あれば・行って営業して

西に工事予定の顧客あれば・行ってその工事を請け負い

南の顧客に事故が発生したら・行って商売に結び付けてくる

北に入札や見積もり合わせがあれば・いって参加してくる

商売日照りの時は涙を流し

目標未達の時はおろおろ歩き

社長にでくのぼーと呼ばれ・褒められもせず・叱責ばかりうけ

そういう者に私は、なりたい

*******************************************

てな・・・事で本日、北のお客様で調達した"帆立"を南のお客様にお土産として届けてきた  (^_^;)

Hotate_2新鮮な この帆立は一般的な吊り下げ養殖の物とは一味違う。

オホーツクの海に稚貝をバラ撒いての天然物だから荒波に揉まれて、かなりマッチョ(筋肉質)に育っている。

その為に貝柱は吊り下げ養殖物のように"グニャグニャ"しておらず"キチットした食感"があり一度お刺身で食べるとやみつきになる。

と・言うか他の帆立の刺身が腐っているかのような錯覚にとらわれるだろう。

枝幸郡浜頓別町の山本漁業部さんの帆立(ホタテ)はTVの"所さんの・・・"とか言う番組でも紹介されたように・たぶん日本一で、これを食べずに帆立は語れない。

また、この山本漁業部さんの美人の若お上は、この帆立以上にシャキシャキしており初対面の時に・・・つい・お江戸出身ですかって聞いてしまった、人柄はサッパリ・シャキシャキ・そして人情家の姉御風である。

またご主人は筋金入り・若手の立派な地域のリーダーであり頼れる漁組々合長である。

人も食材も素晴らしい・・きっと北海道の大自然がなす土地柄だろう。

« ちょっと試しに2回目の呟き | トップページ | 『吾輩は使用人である』 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566971/49814878

この記事へのトラックバック一覧です: 『雨にも負けず 風にも負けず』:

« ちょっと試しに2回目の呟き | トップページ | 『吾輩は使用人である』 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ